2017 東京都高体連指導者講習会、そして夏の合同稽古の様子を紹介します!!

先生方も勉強(研修)してます! 少林寺拳法専門部指導者講習会、そして東京武道館主催の武道系部活動(少林寺拳法)合同稽古を紹介します!!

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100318j:plain

平成29年7月21日(金)10時~16時 於 東京武道館 第二武道場

数年前より 東京都高体連では、高体連加盟41専門部にたいして指導者講習会を実施するようにとの通達しました。

主な目的は、体罰防止・撲滅のための講習会でスタートを切りましたが、我が専門部ではせっかく与えられた機会であるならば、積極的に教員(顧問)の研修を図り、教員の指導技術向上の為に、毎年行っている夏の合同稽古の前に教員研修を行おう!!と決めました。

毎年、外部から講師をお二人ずつお招きし、教育現場の実態に即して研修会を行ってきました。ちなみに昨年は弁護士の方をお招きし、法的な立場から体罰、あるいは指導現場で起こりえる、賠償請求などについて学びました。

 

そして、今年は、人間力教育センター代表取締役の村山茂治先生と、自衛隊少林寺拳法連盟理事長 防衛大学校防衛学教育学群 准教授の山口直人先生にお忙しいところ来ていただきました。この場を借りて改めて御礼を申し上げます。

ありがとうございました。

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100415j:plain

夏休み直後ということもあり、全加盟校全部の顧問というわけにはいきませんでしたが、教員志望の学生や高校少林寺拳法部幹部も含め35名を超える指導者が参加しました。

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100303j:plain

最初に教育コンサルタントでもある村山先生より、体罰による指導が、いかに負のスパイラルを呼び効果がないのかをご教示いただき、そして、内発的動機づけが高くすることにより、集団のレベルを上げ、チーム全体の雰囲気を上げていくのか、を具体的な事例を挙げていただきながら教えていただきました。

 

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100338j:plain

つぎに、ご自身も若い時より少林寺拳法を続けられ、防衛大学校、そして、航空自衛隊に入隊され、現在は救難隊(人命救助の最後の砦と言われるエキスパート集団)の指導にあたられ、全自衛隊連盟の理事長も努められている山口先生の講演です。

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100246j:plain

ここでは、動機づけが高いもの(トップアスリート)に対してのより高みを目指すことを目的とした指導法をTV番組(救難隊の特集)を交えながら、ご教示頂きました。

 

村山先生には、いろいろなタイプの生徒、受講者にたいしていかに内発的動機づけを高め、伸ばしていくのかを教えていただき、山口先生には、高い目的意識を持った受講者に対し、より高みを目指させるにはどのような叱咤激励をしていくことが大切なのか!また、それをリードしていく指導者はどうあるべきか?をご教示いただきました。

 

本当にためになる指導者講習会でありました。

 

昼食をはさみ・・

恒例の夏の合同稽古の開会です!!

午後はいつものように二部に分けて進行していきました。

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100148j:plain

まず第一部の全体のトレーニング・基本は、全国高体連競技力向上委員会委員長である編集者(福家)が務めさせていただきました。

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100229j:plain

ここでは動的ストレッチで身体をほぐしながら、アジリティトレーニング・クイックネストレーニングに移行していきます。

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100204j:plain

 

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100107j:plain

そして少林寺拳法に必要な体幹トレーニング(コアトレーニング)も実践していきます。

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723100039j:plain

つづいて全体基本

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095912j:plain

補助学生にきてくれた日体大少林寺拳法部の学生5人が見本を見せながら、進めていきます。

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095941j:plain

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095959j:plain

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095851j:plain

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095928j:plain

続いて第二部は、指向別の班に分かれて講習会を行いました。

 

基本・昇級・昇段・乱捕り(運用法)・対武器もありの真剣に護身術・・など高校生のニーズに応えて班編成をしました!!

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095656j:plain

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095707j:plain

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095726j:plain

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095755j:plain

 

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095826j:plain

そして最後は、指導者講習会の講師でもある山口先生による団体行動訓練、基本的な所作、動作確認で締めくくりました!!

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095620j:plain

 

f:id:tokyohighschoolshorinjikempo:20170723095631j:plain

編集後記

一言まとめると・・いい講習会であり、いい合同稽古でした!!

指導者講習会は当初、東京都高体連から各専門部(種目)にたいして、命令(通達)として指導者講習会を設定しました。その背景には高校部活動において指導者による体罰が原因で自殺した部員の事件を受けてのことでした。

 

しかし、もともと体罰とは無縁(少林寺拳法の教えとして)の我が専門部では、やらされる研修会ではなく、教員(顧問)の指導技術のスキルアップを目指し、毎年、いろいろな分野の講師を招聘し、中身のある講習会を実施してきました。

 

今回も、教育コンサルタント人間力教育センターの村山先生、防衛大学校准教授、全自衛隊連盟理事長の山口先生と、その分野ではトップの方々に来ていただきました。通常お二人に、講習会をお願いをすることは非常にハードルが高いことでありましたが、お二人の先生方が、我が少林寺拳法専門部の考え方にご賛同いただき今回の指導者講習会の運びとなりました。

本当に有意義に講習会でありました。ありがとうございました!!

 

そして、午後からの合同稽古、今回も多くの部員が集まってくれました。200名近い高校連盟の部員たちが集まり、充実した講習会となりました。

夏休み入ってすぐの金曜日だったので(都立は前日に終業式でした)、夏期講習や面談などで、多くの加盟校が欠席の返信でありました。そんな状況の中で、200名近い生徒が集まり、目をキラキラさせて稽古に励んでいました。

東京都専門部は「チーム東京」を掲げ、合同稽古、練習会を積み重ねてきました。その地道な活動が大会成績にも現れてきました。今年三月の全国選抜では東京が、男女団体アベック優勝!そして最優秀都道府県にも東京都が選ばれて、まさに全国高校連盟を牽引する役目を担っています。

 

もうすぐインターハイです!

ここでも「チーム東京」の力を存分に発揮して、皆さんにいい報告をしたいと思っております。

 

次は世界大会の様子をご紹介します!!