福家Blog~高校生・大学生拳士のために~

つぎの世代の拳士のために全力を尽くしたい

2024 インターハイに向けて!! 東京都高等学校少林寺拳法大会(インターハイ予選)!!

3年生にとっては部活動の総決算!!

東京都インターハイ予選大会!!

第42回 東京都高等学校 少林寺拳法大会!!

令和6年 5月6日(祝・月) 於 東京武道館 大道場

編集者より

各学校の3年生にとっては、まさに総決戦の日です。

この大会で、関東、インターハイの出場権を獲得できなければ、この大会で引退となる学校がほとんどとなります。

いままでの部活動の総決算となります。

それぞれ個人の思い、学校としての決意が交錯する、まさに決戦の日となります。

東京都も参加校、参加人数の減少に歯止めはかからず、10年前と比べると、100名以上参加選手が減っています。

少なくなった中でも、少林寺拳法に青春を掛けるその思いは、少しも色褪せることはありません。

青春を掛けた戦いをご紹介します。

 

清瀬高校・砂川高校・共栄学園は実行委員の先生方と先行入場して、会場のコートを設営します。

開会式です。

優勝杯返還

昨年度優勝校

男子 城北学園

女子 清瀬高校

 

青春のすべてを掛けた戦いの火蓋が切って落とされました。

 

 

すべてを出し切りました!!

 

 

競技が終了し、技術講習会です。

講師は、東京都高体連専門部 強化普及部 前田先生と、世界連合指導員の福家が担当しました。

単独基本法形の解説と投げ技の解説を行っていきます。

つづいて後半は、インターハイで実施される防具をつけての予選競技Ⅱの解説を行いました。

関東学生大会が終わったばかりの日体大の学生、渡邊と杉山に指導員補助として来てもらいました。ありがとう。

 

いよいよ成績発表・閉会式です。

溜息と歓声が会場内に響き渡ります。

総合優勝校

男子 早稲田実業

女子 清瀬高校

 

 

すべてが終わり・・

つかのまの解放感

清瀬高校頑張りました!!

個人・団体含めて3年生全員がインターハイ出場を決めました!!

そして、出場した部員全員が関東大会出場を決めました!!

一緒に練習している砂川高校も一緒に

 

痺れる激戦を制した女子団体 優勝 清瀬高校 の動画をどうぞ👇

youtu.be

 

女子単独で 優勝した 清瀬高校 3年 藤原 の動画をどうぞ👇

youtu.be

 

男子単独で優勝した 清瀬高校 3年 澤野の動画をどうぞ👇

youtu.be

 

大会成績の詳細は こちらをどうぞ👇

tokyo-shorinjikempo.org

 

5月4日(祝・土)に日本武道館で行われた 「関東学生少林寺拳法大会」の様子もどうぞ👇

www.heijoushin.jp

 

編集後記

いつも大会総括で、こどもたちに話すことですが、大会試合は、一位の選手、一位のチームしか、思う結果が出せないものです。それ以外の大多数の選手が、悔しい思いをするものです。

同じく女子団体の優勝を目指し、そして、女子総合優勝を目指していた早稲田実業の選手たちはほんとうによく頑張っていました。ライバル校の顧問である私に、指導を仰ぎにきてくれました。とにかく強くなるために稽古を積み上げてきて、僅差でそれが達成できませんでした。その悔しさは自分事のようによくわかります。女子組演武では早稲田実業が優勝し、同点内容差で清瀬が2位となりました。また、個人では、2位までがインターハイ出場権を獲得できます。3位の選手はその道を断たれます。勝負の世界は時として残酷です。

また、同じ部活内でも、喜びと悔しさがはっきりと分かれます。

わたしは、どの部活動の顧問よりも、部員たちの稽古の姿を見ている自負があります。ほんとうに朝練から、意識を高く持ち、積み上げている姿も知っています。前述したように試合大会では、そのほとんどの選手は悔し涙を流します。

 

私自身も長年、競技者として選手の期間を長く過ごしてきました。

 

最終的には、世界一位の称号を手に入れることができました。

 

しかし、その競技者生活のほとんどは悔しさとそれを克服することの日々でした。

それゆえに、全力を掛けている選手の悔しい気持ちは痛いほどわかります。

 

悔しい思いに今、直面している選手にはわからないと思いますが、わたしの経験から確実にいえることがあります。

 

それは、「本気で悔しいと思えるのは、それだけ全力で取り組んできたからであり、その経験は、絶対に君たちの人生の財産になる!!!」と。

 

これからも青春を掛けて全力を尽くしている高校生、大学生拳士たちを育てていきたいと思うような大会でありました。

 

次は、関東大会の様子をご紹介します。

お楽しみに!!

新入部員を迎えて!!

インターハイに向けて!!!

やる気満々の5名の新入部員を迎えて、王者日体大との合同稽古 第2弾!!

5月6日の東京都インターハイ予選(於 東京武道館)に向けて、いよいよ最終段階です。わが清瀬高校も元気印の新入部員5名を迎え、「北部九州インターハイ2024」を目指して稽古を積み上げています。

前回の記事に引き続き、5月4日の関東学生大会で総合優勝を目指す日体大との合同稽古を紹介します!!

 

大学に着くと、2年生が入り口で待っていてくれました。

 

日体大は新入部員17名を迎え、総勢40名を超える部員なので、高校生は隣の合気道場を借りての練習です。

新入部員はまだ道着が届いてないので、ジャージでの練習です!!

 

私は、日体大生の練習指導のあと、通し稽古の総見、アドバイスを行いました。今回の関東学生大会の副審判団長をつとめます。審判の評価観点からの最終アドバイスをさせてもらいました。

わが後輩ながら・・レベルが高い!!

なによりも「てっぺん」を目指す気迫が伝わってきます。

 

最後に全体を通してのアドバイスをしました。

 

コーチの大谷が、ぜひ娘を抱っこしてほしい!とのことで 愛娘「唯愛(いのり)」ちゃんを抱っこさせてもらいました!!

 

奥さんの 旧姓 幾川も いのりちゃんを連れて、この日に合わせてきてくれました!!ありがとう。

大谷夫婦の差し入れに、浮かれる 現役たち!!

 

このときばかりは 練習の時の厳しい表情から、大学生らしい表情にかわりました。

 

編集後記

高校生も大学生も、それぞれの目標に向かい、最終段階に入りました。

高校生は、高校日本一を決める夏のインターハイに向けて、その出場権を獲得すべく、インターハイ予選に臨みます。

大学生は、関東学生大会での「てっぺん」を目指します。

 

高校生にとっては、大学生のトップレベルの演武に圧倒されているようでしたが、その刺激を大会直前の稽古に生かしてもらいたいと思います。

 

長い、長いトンネルを抜けて、いよいよ部活動の本格始動といった感があります。

高校教育の現場では「部活動縮小」の流れがあります。しかし、部活動で目標に向かい、チーム一丸となって努力を積み重ねることが、高校生にとってかけがえのない財産になると私は信じています。

これからも微力ながら、部活動の灯を繋いでいけるように、私自身も頑張りたいと感じることができる日でもありました。

 

次回は、大学生の勝負の日「関東学生大会」の様子をご紹介します!!

おたのしみに!!

都総体に向けて!! 新年度・・気合十分!!

「学生王者」日体大との合同稽古から新年度のスタートです!!

Road to ALL Japan high school sports!!

編集者より

令和6年度がいよいよスタートです!!

私が指導している清瀬高校は、3月末に開催された全国選抜で、女子単演の準優勝をはじめとして多くの選手が決勝に進出し、入賞を果たしました。

この勢いそのまま、インターハイ出場権を獲得すべく、5月6日の都総体に向けて本格始動しました!!

同じく5月4日の関東学生大会に向けて本格始動している学生王者 日体大との合同稽古の様子をご紹介します!!

日体大の最寄り駅である「桜新町」はまさにその名の通り、桜が満開です!!

 

グラウンドでも活気ある部活動の声が響いています。

いつものように学生がお出迎えをしてくれました。ありがとう。

 

専有道場は学生たちの演武練習の真っ最中!高校生は隣の道場を借りて基本稽古です。

このあと、私が大学生を指導する傍ら、大学生が高校生を指導してくれました。

 

まだ、通し稽古はできませんが、それぞれが意欲的に関東学生に向けて演武練習、立合練習に励みます。

稽古の後半は学生の演武を合同で「見取り稽古」します。

福家がそれぞれの組に講評していきます。

稽古の終わりに学生・高校生に大会に向けての心構えを話しました。

一部練習が終わった後、この日にテストがあった1年生が挨拶にきてくれました!!

編集後記

3月末の全国選抜が終わって、ホッとする間もなく、新年度がスタートです!!

日体大は16名もの経験者が入部をしてくれています。そのほとんどがインターハイ、全国選抜、オールジャパンでの入賞者です!!これからの日体大のさらなる活躍が期待されます。

小西ヘッドコーチも大いに1年生に期待を寄せています。

わたしもOB会長として現役にできる限りの支援、指導をしていきたいと思います。

また、清瀬高校も多くの部員を勧誘して部を盛り上げていってもらいたいと思います。

コロナ禍の長いトンネルを抜け、その試練の中で培った精神力で、それぞれが青春を完全燃焼をしてもらいたいと思います。

これからの若い拳士たちの活躍が、楽しみでしかありません。

 

 

2024 第27回 全国高等学校少林寺拳法選抜大会!!~踏み出せ、新たな一歩!!~

令和6年 3月22日(金)~25日(日) 香川県善通寺市 善通寺市民体育館

22日(金) 公開練習・開会式 弁論の部 

23日(土) 予選 5ラウンド 高校連盟50周年 記念式典

24日(日) 本線 3ラウンド 閉会式

 

21日(木) 会場設営

 

東京から会場のある香川県善通寺市へは新幹線と瀬戸大橋線で向かいます!!

岡山から善通寺までは「アンパンマン列車」に乗って向かいます!!

 

 

22日(金)

大会運営会議・全国常任委員会

少林寺拳法連盟会長の 宗 昂馬 先生も出席していただきます!!

全国の常任が持ち寄ったお菓子にご満悦

連盟会長と大会実行委員長(福家)とのツーショット

選手は公開練習で最終調整です!

全国代表者会議・・ここではさまざまな協議・決議事項(決算、予算、事業計画など)が総会の中で決定します。

 

全国高体連委員長の私が説明します。

引率責任者会議

 

開会式が始まります!!

開会宣言 中島副実行委員長

鎮魂行 これは拳禅一如 の少林寺拳法ならではだと思います。

※ブログに掲載している写真、動画については、全国高体連少林寺拳法専門部に許諾を受けたもの、あるいは本人に掲載の承諾を得たものを使用しています。

優勝杯返還

大会会長挨拶  石井 専門部 部長 挨拶

選手宣誓



開会式のあとは、弁論の部が始まります。

これも少林寺拳法独特だと思います。「少林寺拳法の教えをどのように日常に生かしていくか」弁論にまとめ発表を行います。全国各地から書類選考を勝ち抜いた代表6名が発表します(1名欠席)



 

選手が退館したあと、審判会議と審査実習があります。審判も遅くまで最終打ち合わせに余念がありません。

 

23日(土) 予選 5ラウンド

いよいよ予選が始まります。

 

 

 

その日の夜に、全国高校連盟創立50周年・全国教職員連盟創立5周年記念 式典がおこなわれました。

最後は高校連盟理事長の福家が御礼の挨拶をさせていただきました。

 

選手はたくさん食べて英気を養います

 

24日(日) 本選・閉会式

今回の大会では高校連盟の草創期の相談役の先生方もお呼びすることができました!!

5年ぶりに相談役の先生をはじめ、来賓の方々を招待することができて、本当に良かったです。

 

 

 

すべての本選が終わり、全日本学生連盟から高校生に向けてアピールがありました!!

「みなさん、大学生になっても少林寺拳法を続けましょう!!」

ちなみに全日本学生連盟 委員長は わが後輩の日体大 中泉 蓮 です!!

 

成績発表・閉会式

会のはじめに少林寺拳法連盟会長から 全国高校連盟に対して感謝状が贈られました!!

表彰式です

最優秀都道府県に優勝旗の授与

男子 千葉県

女子 北海道

大会実行委員長 謝辞 

閉会 太鼓

今回の大会は高校連盟創立50周年の記念大会でもありました。

全国高校連盟 常任委員会で記念撮影です!! 最高の仲間たちです!!

この大会で、福家は理事長を退任するということで素敵な記念品もいただきました

 

清瀬高校も頑張りました!!

女子規定単独 2位!! 男子規定単独3位!! 男子自由単独3位!!

女子自由組演武 4位!! 女子団体 5位!! 

激戦の中でよくがんばりました!!

 

女子規定単独 田中の演武を動画でどうぞ👇

youtu.be

 

すべてが終わり・・解放感!

指導している清瀬高校は、大会会場から連盟本部に向かい、本部・本山の見学をしました!!

合同稽古なかまの和光国際高校とともに記念撮影!!

和光国際高校も大活躍の大会でありました!!

見学の最後は、霊廟でお参りです!

大会成績の詳細は👇

http://tokyo-shorinjikempo.org/images/r06_03.pdf

 

編集後記

制限がすべてなくなり、観客も多くの方が見守る中で、大会が実施できました。

23回大会 大会はコロナ感染拡大により中止

 

24回大会 大会予選を二会場に分け、厳重な感染対策の中で入れ替え制で実施大会テーマは、「雲外蒼天」・・厚い雲の上には今は見えないけど太陽が光り輝いているのを信じて拳士は頑張りました!!

 

25回大会 無観客で競技のみで、マスク着用、気合なしで念願の同一会場での開催

大会テーマは「不撓不屈」・・短期間で平時が戻ると思っていたパンデミックがゴールの見えない中での大会でしたが、出場する拳士たちはまさに「不撓不屈」の精神で何度も何度も立ち上がり、大会では、声に出せない気合を爆発させました。

 

26回大会 いよいよ新型コロナウイルスの正体がわかり始め、長いトンネルの出口が見え始めたころの大会で大会テーマは、「威風堂々」・・長い試練を耐えてきた拳士たちのコートでの姿は「威風堂々」としていました!!

 

そして、27回大会 大会テーマは「踏み出せ、新たな一歩!!」です。

まさに、これからは前よりも強く、逞しく、拳士たちは前に進んでいきます。

多くの方々にこの大会を観ていただくことができて本当に幸せです。

 

わたくし、福家は 今年度で、全国高校連盟の理事長、全国高体連専門部の委員長を任期満了で退任いたします。

就任期間中は、課題解決の6年でもありました。しかし、熱い志をともにする仲間たちに恵まれ、多くの方々にご支援をいただき、ここまでやってくることができました。本当にありがとうございました。委員長最後の大会が、このように盛大に、制限なく、そして多くの関係者をお呼びして開催できたことは何よりのよろこびであります。

 

来年度より全国教職員連盟理事長を拝命いたしました。また本部審判委員会として世界連合指導員として、違う場所から高校拳士育成に、微力ながら尽くし参りたいと思っております。

 

今大会に関わったすべての人に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

2024 全国選抜大会に向けて!! 組み合わせ抽選会&和光国際へ遠征!!

全国選抜大会に向けて!!

第27回全国選抜大会 組み合わせ抽選会!!

そして、強豪!和光国際へ出稽古へ!!

 

まずは・・第27回全国選抜大会 組み合わせ抽選会

令和6年 2月25日(日)  於 池袋 「スペイシー」小会議室

編集者より

インターハイ・全国選抜大会は、高校拳士にとっての二大大会!です。

ほかの種目と同様に、公開での「組み合わせ抽選会」を実施しております。

以前、全国選抜大会はインターハイのように、行政の開催権、開催市の立ち合いのもとでの抽選会は行わず、担当者が、厳正公正に、乱数により抽選を行っていました。

しかし、いまの情報開示の時代、全国選抜大会もインターハイに倣い、主催者である少林寺拳法連盟の代表と主管である全国高体連少林寺拳法専門部の代表が抽選会を行っております。

前年度の入賞校が予選で対戦することがないように、第1ポッドから第3ポッドまでシャッフルし、最後に乱数により抽選を行って、出場順番を決定しております。

 

今回は、少林寺拳法連盟 宗 会長、全国高体連少林寺拳法専門部 委員長 福家、

少林寺拳法連盟 振興普及部 谷 部長の三名が シャッフルするためのボタンを押しました。

 

引率者の皆さん、全国選抜の出場順は厳正・公正に実施されております。ご安心ください。

 

全国高体連少林寺拳法専門部 常任委員 本間先生の進行により始まります。

まずは、宗 会長挨拶

実行委員長を務める 全国高体連 委員長の福家の挨拶

各 種目ごとに 抽選を実施していきます。

第一ポッドは 会長がボタンを押します。

第二ポッドは福家実行委員長がボタンを押します。

第三ポッドは 谷 部長がボタンを押します。

最後に 出場順のシャッフルのボタンを システム責任者の本間先生がボタンを押します。

これをすべての種目、繰り返していきます。

厳正に実施されたことを谷部長から報告していただきました。

動画でご覧いただけます👇

youtu.be

 

 

そして、関東選抜 女子総合優勝校!!

埼玉県立 和光国際高校 へ出稽古!!

令和6年 3月9日(土) 於 和光国際高校 柔道場

8時30分~12時30分 

編集者より

今年の稽古始に和光国際高校に来てもらいました。

お互い、刺激を受けるライバル校であります。

今回は、清瀬から出稽古をさせてもらいました。。

和国の勝つための「勢い」を感じることのできる一日となりました。

ご紹介します。

 

 

練習前の和気あいあいとした雰囲気!!

和国の特徴は、生徒自ら考えて部活を運営していることです。

まずはウォーミングアップ担当の主座がたち、明確に指示をしていきます。

次に基本・移動に移ります。担当の主座がテキパキと指示をだしていきます。

和国と清瀬がお互いに組んで、指定された技を使って演武を組成する「即興演武」が始まります。

続いて演武発表会

清瀬から単独2組・団体演武

和国から単独1組、組演武1組、団体演武を発表します。

お互いに真剣に見取り稽古をします!!

最後は補強トレーニングです。

ここでも担当の主座がポイントを的確に指示します。

最後に和光国際高校 顧問の 前原先生より 総括です。

さすが和光国際高校です。

すべての稽古に「勢い」があります。

清瀬のみんなもいろいろな刺激をもらったとおもいます。

あと、2週間、全国決勝を目指し、頑張りましょう!

決勝で会いましょう!!

 

編集後記

いよいよ3月に入り、全国選抜が近づいてまいりました。

 

 

まずは、全国選抜実行委員長として・・

コロナの制限がなくなり、平時の大会運営ができるようになりました。

今回の27回大会は、高校連盟50周年、教職員連盟5周年の記念大会でもあります。その節目の年の大会がフルバージョンで開催できることに、感謝の気持ちでいっぱいです。

わたくしはこの大会で高校連盟理事長を退任いたします。

多くの方々に支えられ、ご支援をいただき今日にいたります。

任期満了の6年間、ほとんどが制限下の大会でしたが、最後のこの記念大会が、平時の大会運営ででき、いままでは観ていただくことの叶わなかった方々をお呼びして開催できることに、感無量の思いであります。

大会に向けてラストスパート。高校拳士のために最高の舞台を作りあげたいと思います。

 

つぎに、清瀬高校の顧問として・・

部活縮小の中、部員も減少していく状況で部員たちもほんとうによく頑張っています。

輝かしい成績を残していった先輩方の背中を見て、全国選抜に向けて稽古を積み上げています。大会二週間前に、今一番「勢い」のある和光国際高校に出稽古にいけたことはとても学ぶことが多かったです。和気あいあいとしたなかで、お互いが高い意識を持って、自分たちで練習を作りあげていく。指導者である私自身もとても勉強になり、刺激を受けました。

これからもライバル校としてよろしくお願いします。

 

次回は全国選抜大会の様子をお伝えできればとおもます。

おたのしみに!!

 

追伸

「運用法の導入」の記事・動画はもう少々お待ちください。スイマセン・・。

 

 

 

2024 清瀬高校 卒部式!!

旅立ちの時!

後輩たちに背中で示してくれました!

清瀬高校 第十代卒部式!!

令和6年 3月8日(金) 清瀬高校 卒業式 於 体育館

清瀬高校 少林寺拳法部 卒部式 於 柔道場

 

卒業式

 

卒業式 終了後

清瀬高校 少林寺拳法部 第十代 卒部式

 

 

卒業生の前で

現役が全国選抜大会の演武を見せます!!

 

先輩方に成長した姿を見てもらいました!!

 

前部長・副部長のから演武の講評をしてもらいます。

 

現役から卒業生へ 贈る言葉

 

卒業生から現役へ 激励のことば

 

現役から卒業生に向けて記念品、色紙の贈呈!!

保護者の方々も一緒に 卒部記念写真!!

保護者の方の構えも なかなか・・様になっています!!

 

卒部式終了後は、別れを惜しむように撮影大会!!

 

卒業生から現役へ

 

 

卒業生から、感謝の言葉をもらい、やってきたことが間違ってなかったと・・感じることができました。ついてきてくれてありがとう!!

デレデレ・・ですね(笑)

編集後記

卒業おめでとう!!

コロナ禍に入学し、少しずつ制限が緩和される中で部活動を過ごしてきた清瀬高校 第十代目。

1級上の先輩方はまさにコロナの渦中のなかでの部活動で、約半分の部員が退部していく姿を見てきました。部活動をすること自体が特別視される中で先輩方は志半ばで部活を去っていきました。

彼ら十代もその姿を目の当たりにして、部活を辞めようと思ったことは一度や二度ではなかったと思います。それでも踏ん張って頑張りました!!

それぞれが心が次折れたり、悔しい思いをして、それでもみんな、がんばりました!!

三年次では、インターハイ準優勝!! 世界大会三位入賞!!

などの快挙を果たしてくれました!!

後輩たちに本当にいい背中を見せてくれました!!

ありがとう!!

 

この部活で培った、「あきらめない力」

生かして大学でも頑張ってください!!

 

全国の卒業する拳士たちにエールを送ります!!

卒業おめでとう!!・・これからも感謝の気持ちを忘れずに青春を謳歌してください!!

 

 

 

2024 全国選抜に向けて・・早実との合同稽古・日体大遠征!! & 東京都高体連表彰!!優秀校、優秀選手賞 4名が受賞!!

全国選抜に向けて・・早実と切磋琢磨!

学生王者 日体大に遠征! レベルの高さを実感!!

2023年度 東京都高体連優秀校!・優秀選手4名!!

 

 

 

まずは、強豪 早稲田実業学校との合同稽古・・切磋琢磨!!

まずは、清高名物 ウォーミングアップから!

令和6年2月10日(土)於 清瀬高校 柔道場 9:00~12:30

早稲田実業とはまさにライバル校であります。女子についてはお互いに切磋琢磨しあい、レベルを高めてきました。今回は、男子の団体を中心に稽古をつけてほしいとの希望があり、合同稽古の運びとなりました。お互い刺激しあう熱い稽古をご紹介します!!

受け身から基本へ移行します。

相対練習です。

 

グローブをつけて運用法です!

 

最後は拳立で締めます。

あっという間の3時間でした。

写真にはありませんが、稽古の最後に気合の入った早実 男子団体演武の一本通しがあり、清瀬は大きな刺激を受け、見取り稽古させてもらいました!!

早実のみんな!ありがとう。また合同稽古しましょう!!

 

 

 

続いて・・学生王者 日体大 遠征!!

令和6年2月18日(日)日体大深沢校舎 少林寺拳法専有道場

 

稽古の首座は、OB会長でもある福家が務めました。

 

 

大学生との乱取り稽古はさすがにまだむずかしいので、隣の合気道場で日体大コーチにみてもらい大会練習に励みます!!

稽古の最後に日体大の女子組演武、男女組演武、男子組演武の通し稽古を見取りさせてもらいました。さすが日体大・・迫力が違います!!

最後は大学生と一緒に終末運動で気合の上段突です!!

武道では「見取り稽古」を重要視しています。

レベルの高い人の稽古を見ることにより、イメージを作っていきます。その域に達することは容易ではありませんが、その内観を大切にして地道な稽古を積み上げていきます。

今回はとてもよい「見取り稽古」となりました。

日体大の後輩諸君、ありがとうございました。

 

最後に 2023年度東京都高体連 優秀校・優秀選手 表彰式!!

年度の終わりに、東京都高体連では、加盟しているそれぞれの種目で、その年度で一番活躍した学校と選手を表彰しています。

通常、各種目、男女各2名ずつが選出されることが多いのですが、清瀬高校は、女子の優秀校に選出され、優秀選手では、インターハイ、世界大会での活躍が評価され、女子3名、男子1名が表彰されました!!!

令和6年2月17日(土) 国立オリンピックセンター 14時~

会場の関係で引率者は別室でZoomを通しての観覧となりました。

 

2023 少林寺拳法世界大会 男子級拳士 単独の部 世界2位 澤野なつき

 

2023 少林寺拳法世界大会 女子初段の部 世界3位 與語優那

 

 

2023 少林寺拳法世界大会 女子初段の部 世界3位 芝野美羽

 

 

 

2023 インターハイ(全国高校総体) 女子 単独 準優勝 光田修央

光田は東京都児童・生徒表彰も併せて受賞しております。

ほんと・・よく頑張りました!!

巷では、「ブラック部活動」なる言葉が多く使われる時代となりました。部活動縮小の波は、確実に学校現場に押し寄せている感があります。学校現場における部活動の意義が問われ、とくに都立では制限の方向に動いています。

そんな中、とくに3年生はコロナの制限が厳しい時期に入学してきました。心が折れる時もあったと思いますが、顧問の厳しい指導にもついてきてくれました。高い意識を持ち続け、快挙と呼べる成績を残してくれました。

うれしいのは、大学に進学しても少林寺拳法を続けたいと言ってくれていることです。

ほんとによく頑張りました。

2年生澤野は、これからの活躍にも大いに期待しています。

 

コロナの制限が明け、OB・OGが練習によく顔を出してくれるようになりました!!

OGの息子とともに・・

おじいちゃんですね(笑)

 

編集後記

コロナ前には当たり前だった遠征や合同稽古。

コロナ禍ではすべてが制限されました。

元の通り、活動ができることに「感謝」です。

 

OB・OGのみんなも、後輩たちの頑張りを見ることができて、とても嬉しく感じているようです。いままでは来たくても制限があり見学をすることも許されませんでした。卒業生から、しっかりと大学生活や社会人を務めている報告を受けると、顧問としても温かい気持ちになります。清瀬のこの道場で学んだプライドをもって、より飛躍してもらいたいと思います。

 

現役たちは、人数が少なくなりましたが頑張っています。今年になって埼玉の和光国際、そして今回の早稲田実業との合同稽古が実施できました。切磋琢磨しあい、より高みを目指して稽古を積み上げます。先輩たちのように全国の舞台で活躍できるように、これからも高みを目指し頑張っていきます。私もしっかりと見守っていきたいと思います。

 

次回は、長い間が空いてしまいましたが、ほかの拳士たちや指導者からのリクエストが多い、「運用法への導入」のメニューをご紹介できればと考えております。

おたのしみに!!